RNS「冬物語」ヨーロッパ公演の毎日をレポートします


by iede-shacho
ノイスのグローブ座は、競馬場のとなり、
広々とした空間、そして林の中にあります。
c0160290_102389.jpg


開場中でもピーター・ラビットのような野ウサギが飛んでいるのが見られました。

公演責任者の、粋なおじさん、アンディさんが、友好の旗を掲げます。
c0160290_1034225.jpgc0160290_104748.jpg


このフェスティバルは18年目なのですが、ここに日本の旗が掲げられるのは初めてのこと。
でもこれが最後ではなく、またぜひ来てほしい!とあたたかい一言!

それにしても随所に、シェイクスピアへの愛と、遊び心が見られるフェスティバルです。
上の右の写真、フェスティバルクラブの入口にかかげられている文字は、
「終わりよければすべてよし」

c0160290_1063513.jpg

雨がふると水がたまってしまう溝には、「テムズ川」とプレートが。

フェスティバルクラブの中には、なにやら妙な日本語が。「成人式おめでとう」
c0160290_1074873.jpg


一瞬、何かを勘違いして書いちゃったのかと思いましたが、そうではないのです。
ドイツでは18才が成人の年。
今年で18年目となるグローブ座フェスティバルをお祝いするパーティの準備です。
(そして、もちろん、私たちを歓迎するあたたかい気持ちを感じます)

劇場そのものは、どこか、テント芝居小屋みたいな雰囲気があるんですよね。
外の自然音が聞こえてくるし、なんとも、悪くない感じでした。


さて、最後のリハーサルがはじまりました。
(一部衣裳のみ、メイクなしの写真ですが、ご容赦ください!)


c0160290_10142481.jpg
c0160290_1015042.jpg
c0160290_10151933.jpg
c0160290_1017199.jpg
c0160290_10172192.jpg



リハーサル風景を見守る、七字さん、松岡さん
c0160290_1018204.jpg


そして順調にリハは終了。

c0160290_10195774.jpg

お忙しい仕事の合間をぬって会場を訪れてくださった、
ケルン日本文化会館の公演担当、レーゼさん。

c0160290_1021865.jpg

写真右の女性は、ドイツに住む日本人ソサエティにとってものすごく重要な
ドイツニュースダイジェストという日本語の新聞の記者の高橋さん。
実は、新潟市出身といことで、びっくり。
こうして、国を離れ、一人外国で活躍する方が、新潟出身とは!
私たちも新潟を離れ、ちょうど一か月。なつかしい新潟話に花が咲きました。

さあ、まもなく会場です。
舞台監督のミヒャエルさんが、シリーズの旗を劇場正面に掲げてくれました。
c0160290_10254387.jpgc0160290_1026683.jpg

栗田さんも満足そうにしてますね。

お客さんが、ぞくぞく集まってきます。
c0160290_10284557.jpg


開演に先立ち、「冬物語」作品のあらましと、
私たちの能楽堂シェイクスピアシリーズの、特色などが簡単に紹介されます。
c0160290_10302467.jpg

(よおーく見ると、この写真のうしろに、野ウサギが写っています)

c0160290_10313240.jpg

こちらは、劇場入り口に掲げられた、今日の演目。「ようこそ!」の一言がありがたいですね。


そして、開演!

なにか、お客さんの側にも、言い方は変ですが、どこか雑然とした、
生き生きとした、熱のようなものを感じます。

俳優のみなさんも、この特殊な劇場に刺激されてか、お客さんに刺激されてか
とってものってます!


そして、ここへきて、大問題発生!
・・・演出の都合上、休憩時間は、開演前に打ち合わせて設定したとおりに
すすめないと厳しい部分が、あるのですが(ネタばれもあり詳しく書けませんが)
ノイスの観客は、休憩中、ビールなど飲みくつろいでいて、なかなか席にもどってくれません。

アンディさんがならす風鈴のようなベルを鳴らすと、条件反射のように
お客さんたちが客席にさーっと戻りかけたのですが、
ベルが、どうも壊れてしまったらしい。
お客さんたちは、またなんだかのんびりしはじめてしまい。
他の国と違って、「間もなく始まります!」と、やや必死にお声がけしても
ぜんぜん戻ってくれません。

そうこうするうち、決められた時が近づき、
お客さまは戻りきらないままながら、いたしかたなく芝居が再開されます。
(そのころ、ようやく直った風鈴ベルを、アンディさんが鳴らして、お客さんたちは
さあーっと戻るのですが)

お客様がもどりきらないうちに芝居が再開したために、
グローブ座の舞台監督ミヒャエルも「なぜ!」と怒り・・・。
やがて落ち着いたころ、アンディさんは、
「まあ、今、お客さんは中に入っている。問題ないよ」と苦笑。

そんなわけで二幕あたまの役者さんたちは、芝居しづらそうでした。
お客様にも、ご迷惑をおかけしました。すみません!

c0160290_10442820.jpg

やがて、のりにのった舞台は、終幕を迎え・・・
ドドドドドー!
という轟音が。

ドイツの方は、カーテンコールの時、舞台のできがいいと、
床を踏み鳴らすのだそうです。
一瞬とまどいましたが、
それはそれは、あたたかい、おおきな足踏みの音がこだましました。


c0160290_10472874.jpg

終演後、公演に駆けつけてくださった、
ケルン日本文化会館の館長、上田さんと、七字さん。
なんと、お二人は高校の同級生だったとか、このノイスで、予期せぬ出会いとなりました。


c0160290_10492516.jpg

こちらは、やはりパリから公演に駆けつけてくださった、
パントマイムの小野寺修二さんと、松岡和子さん。
りゅーとぴあ10周年ミュージカルの振付をしてくださることになっている小野寺さんですが、
今日の舞台をたいへん気に入ってくれたようで、
「このうちのめされた様子を撮ってくださいー!」


やがて、バラシも終了!
フェスティバルクラブで、パーティが開かれています。
ちょうどこの日、フェスティバルの中日にあたり、
私たちを歓迎してくれるレセプションと同時に
グローブ座誕生祭(今年は成人式)の盛大なパーティが開かれているのです。
c0160290_10545590.jpg

天井に吊るされている紙には、「愛」そして「夢」と書いてありますね。

フェスティバルのボランティア(?)の若者たちが、
アイディアを出し合って飾り付けをしてくれたのです。

c0160290_1057221.jpg

アンディさんたちがかぶっている帽子は、
成人式につきもののお祝い帽子らしいですね。よくみると、グローブ座のかたちをしています。

c0160290_10575793.jpg


そして、スタッフのみなさんが来ているTシャツなどなどには、日本語が。
「グローブ ノイス セイジンシキ オメデトウ」


c0160290_1113288.jpg

そしてまたありがたいことに、
お米のご飯をたくさん用意してくれてました。
おいしかった。みんなおなかいっぱい食べました。


そんなわけで大変もりあがって、明け方近くまで残って飲んで食べて踊っている
メンバーもおりました。

c0160290_1162875.jpg

こちらは、ポスターの前で記念撮影。
河内さん、荒井さんと、
日本とのハーフでとっても協力的にお手伝いしてくれた、ダニエルさん。
そして、舞台担当の女性スタッフ(名前忘れちゃった!すみません)


c0160290_1165715.jpg


途中、問題も起こりましたが、舞台監督ミーチャも楽しく飲んで語り合えました。
「一緒に仕事できて、本当に楽しかったよ!」って。

c0160290_1193449.jpg


こうして、明け方近く、フェスティバルクラブを後にしました。
楽しかったです!
ノイスのみなさん本当にありがとう。

素晴らしく後味のいい夜でした。
「終わりよければすべてよし」!
[PR]
# by iede-shacho | 2008-08-09 23:57

ノイス、悪戦苦闘!

ノイスの仕込みは悪戦苦闘。
今までと劇場の形・サイズが全然違い、新演出を余儀なくされ
舞台効果にさまざまな変化が加えられます。

・・・が、それに先立つこと、やく5時間前。
早朝のホテルのロビー。
なにやら、カンパニーの面々が集まっています。
何があるのでしょう。
c0160290_5144945.jpg


実は、私たち一行と離れ、早朝に出発し、故郷ルーマニアへと帰ろうとする
運転手のペトレ、ミハイを見送ろうと、起きだしてきた人たちです。

朝食を終えてロビーに現れたペトレは、
うれしさを隠しきれない様子で
「but whaay?」
と一言。

c0160290_517496.jpg


女の子チームは、二人の交通安全を祈って、千羽鶴を二人に贈呈します。

c0160290_518850.jpg
c0160290_5183344.jpg

去っていく二人と・・・
涙を隠しきれないのは、誰だ?


そして、戦いの時間がやってきました。
何しろ、狭く、奥行きはないので
ここでは、必殺の「雪」 の効果も封印。
登退場の整理・確認を行い、シンプルに作り直しながら、照明のあたりを確認していきますが、
当初、屋外劇場として設置されたこのグローブ座は、
夜がこない限り完全暗転がつくれません。
しかし、芝居の終盤、暗さが必要な時には、日は暮れているという目算があり・・・


c0160290_5232389.jpg

c0160290_5364681.jpg

張り出しのバルコニー部分も、力を合わせてはずしますということで・・・。
舞台監督のミヒャエルは、初めてこのパーツを外したよ、
とちょっぴりなぜかうれしそう。

字幕をきれいに出すために、これをやはり、どうしてもはずす必要があったのですが。
c0160290_526563.jpg



字幕、きれいに出ているの、わかりますでしょうか?
やはりこだわりの勝利です。

ちなみに、ここに来て、初めて英語の字幕が投影されています。
当初、ハンガリーやポーランドでは英語字幕表示の予定でいたのですが、
旅の途中で、ハンガリー、ポーランドそれからロシア語圏でも、
新システムを組んで急遽、現地語のテキスト投影していましたから、
英語字幕投影オペのつもりで旅に参加した映像の木村さん、
(今までの字幕投影でも大活躍だったのですが)
ここで初めて、本来やるはずで当初から用意していた英語字幕を、
ようやく初めて投影しております。
(ちなみにドイツ人は、系統が近いのもあって英語はだいぶわかるようです)


ヨーロッパツアーの最後ということで、全体的に力が入っているのを感じます。

こちらは、楽屋で準備するみなさん。
c0160290_532484.jpg
c0160290_5331881.jpg


こちらは操作卓ふきんのスタッフのみなさん。
どうしても特殊な形の劇場で、本番オペをするみなさんは、
座ると舞台が見えないので、立ったまま操作をしています。
c0160290_5345340.jpg





この日から、(短い期間でしたが)私たちの旅に合流した翻訳家の松岡和子さんが、
どこか満足そうに舞台を眺めていました。


c0160290_5423751.jpg

機構上、しょうがないものは、いっそさっぱり諦めて、
オリジナルの能舞台の表現に、
もどっいったような感じがします。

こうして場あたりも、みなさんの予想より順調にすすみ、
まだ明るい内に作業を終えることができました!
(20時、全然明るいです。)

さあ、いよいよ明日は、ヨーロッパ公演の最後、ノイスでの公演です!
[PR]
# by iede-shacho | 2008-08-08 05:22

最終公演地、ノイスへ!

そして、最終公演地、ノイスへ!

今日も500キロほど進むのですが・・・・

今日の運転手は、制作助手の優さんです。
c0160290_4511363.jpg

(嘘です。無理!)

アウトバーンの道は、やたらと順調です。
あまりに早く進みすぎて、どうも変化を感じないうちに遠くに来てしまいます。

そんな中、旅をともにしてきた二人のドライバー、
ペトレ、ミハイとの別れの時も近づきます。
ノイスまで送ってくれたら、彼らはルーマニアへ帰るのです。

ルーマニアで工具を買ったおまけに付いてきた
サッカーボールに、ペトレたちが、ガソリンスタンドで空気を入れてくれたのですが、
その記念のボールに、みんなでこっそり寄せ書きします。
c0160290_454271.jpgc0160290_4542121.jpg


やがて、最終公演地、ノイスへ到着。
会場となるノイス・グローブ座のまわりは、
なんだか粋でおしゃれな飾りでいっぱい。
c0160290_456380.jpg



さっそく、歓迎のフルーツやパンなど振る舞われまして、
それから一向はホテルへ向かいます。

そして、ペトル、ミハイとの別れ・・・
c0160290_4565731.jpg



ちなみに、この夜、ノイス・グローブ座では
地元ライン州の劇団の公演が行われてました。

まったく、何を言っているのかわからなかったのですが、
はきはきと発音されるドイツ語は、なんとなく気持ちよかったです。

そして、ノイスの街中へ出て(じつにこじんまりとした閑静な街ですが)
軽くビールを飲んで帰りました。
なんだか肌寒かったのですが、それでもドイツのビールは最高!
[PR]
# by iede-shacho | 2008-08-07 04:49

ドイツへ! ベルリン。

グダンスクでの公演を終え、今日から、またバスでの長距離移動です。
今日の移動は、おそらく450キロほど。

6泊7日お世話になった、グダンスク音楽大学学生寮の前で、
いろいろわたしたちのために頑張ってくださった、森田さんとお別れの記念撮影。
c0160290_4294438.jpg

本当に、お世話になりました。


さて、道はどんどんよくなります。
グダンスクから、西へ西へ。
かなり快適な道が続きまして、
c0160290_431582.jpg



やがて、ドイツ国境を超えました。
と、思ったら、パトカーが私たちをとめて、
(どうやら税関職員らしい人たちが)
なんだか厳しく私たちを問い詰めて、抜き打ちで、荷物の中身を見せろと
スーツケースを開けさせます。
日本からきた演劇集団なのだ、と言っても全然話を聞いてくれない厳しい人と、
じゃあ、ロミオは誰でジュリエットは誰だと話にのってくれる人と。

もちろん、不正輸出をするつもりもありませんので、
やがて解放されましたが、時々、彼らは
ルーマニアのナンバーの車に対して嫌がらせに似た厳しい取り調べをすることがあるらしく、
やがて、噂のアウトバーンに入りましたが、
今日のドライバーのペトレは、ものすごく安全運転、
トレイラー牽引車の制限速度90キロ/時の内側をびったり守って走ります。

それでも道は素晴らしい。
いざという時、戦車が走れるようにと、ヒトラーが作ったらしいですが、
ともかくアウトバーンがくまなくドイツ国内をめぐっていて、
車は順調にすすみます。

夕方、まだ明るいうちに、今日の目的地ベルリンに
着けた喜びもあり、
(モルドヴァ→ポーランドの道のりでは、期待しても無理だったのですが)
余裕が見えて、街へと繰り出しました。

写真は、東ベルリン側から見た、ブランデンブルグ門。
遠くに、戦勝記念の、(「ベルリン天使の詩」でも有名な)天使像の尖塔が見えます。
c0160290_4404315.jpg


東西ドイツ分裂時代にベルリンを訪れたことのある栗田さんは、
東ベルリンもだいぶ変わっちゃったなあと、一言。

今夜は思い思いに別れて夕ごはんを食べましたが、
私は、ベルリナー・アンサンブルの本拠地である劇場の
すぐそばでおいしいビールとドイツ料理を味わいました。
c0160290_4432244.jpg

(右側の、丸いネオンのあるのが劇場です。そして、ドイツのビールはやはり破格においしい!)
[PR]
# by iede-shacho | 2008-08-06 04:27
この日は、フェスティバルの要請で、
学生向けのワークショップを行いました。

まずは、栗田さんから、参加者にお話。
c0160290_3475313.jpg


題材は、りゅーとぴあ能楽堂シェイクスピアシリーズ第五弾「ハムレット」で
登場した、人形浄瑠璃芝居、を体験してみようというもの。

「ハムレット」で実際に人形振りを行っていた
俳優の大山真絵子さんのリードでワークショップは進みます。
c0160290_3504686.jpg


まずはすり足の体験。
そして、実際の上演の振付にそって動いてみます。
c0160290_3514444.jpg


録音を持ち込んだ、鶴澤浅造さんの語りが会場に響き渡ります・・・
しかし、時間の制約もあって、説明が十分に行えないのもありますが、
みなさんなかなか、さまになった形ができません。

それでもすごい集中力でのぞんで、ほめられる参加者がいたり。
必死に取り組む姿は、みていてとてもうれしいものがありました。

最後にみなさんで記念撮影。
c0160290_3545371.jpg

ワークショップで使用した(安物の)扇子をみなさんにプレゼントしたところ
ものすごく喜ばれました。
安物で、ごめんなさい。

こうして、ワークショップが進行する最中、
もっと言えば、昨日の観劇も我慢して、
ひそかに「仕込」を行う人たちが・・・

その人とは、
シェフ:舞台監督 やまだてるお
ソット・シェフ:美術・小道具 後藤信子&映像 木村隆志
買出し&いろいろサポート:森田耕司さん。

森田さんからの、「寿司ネタ、ポーランドで手に入ります」という情報を聞きつけた
やまだシェフが、日ごろおいしいレストランにも行けず、
苦労している若手女優陣をねぎらおうと、ひそかに(?)寿司パーティを準備していたのです!

c0160290_401591.jpg

会場の準備も整い、あとはネタをまつばかり!
c0160290_411435.jpg

パーティに、誘われたけれど若干不安そうなバス・ドライバーの二人。
ペトレ(左)は、「俺の息子は寿司にすごく興味を持ってるんだ」と興味津々。
しかしミハイ(右)は、魚、生で食べちゃうの???と言いたそうな、不安げな様子。
二人にお味噌汁もすすめてみたけど、やはり引き気味。
ただの「味噌チョルバ」だよ、とよくわからない解説で、ともかく飲んでもらいました。(感想不明)

c0160290_441792.jpg

さあ、ネタが来た!
握りずしだ!
握れ、握れ!

ご飯もちゃんと酢めしになっているし、
おしょうゆも、おすし用が用意されています。すばらしい!

c0160290_453532.jpg

みんなの食いつき、いいですねー。
日本に、飢えてきたところでしたもんねー。
ルーマニアの二人ペトレ・ミハイも乗ってきましたね。

c0160290_464196.jpg

満足そうなやまだシェフ。
ペトレさんから、「お前は舞台監督として優秀なのは知っていたけど、
シェフとしても一流だな!」とおどろきのほめ言葉。

c0160290_473977.jpg

ミハイとブルタ・マーレ(荒井さん)はすっかり仲良し。

この後、女子チームが、お礼の歌を歌います。
なかなか、すばらしい歌声でした。
そして、返礼として、ミハイ、ペトレも一曲ずつ歌ってくれたのでした。
(ミハイコール、ペトレコールで、無理やり。でも歌ってくれてうれしかった!)

シェフの用意していたものは、寿司のみならず!
プレ隠しメニュー チャーハン!
メイン隠しメニュー ソーメンそして蕎麦!

これにはみんなノック・アウトでした。
楽しかった、おいしかったー!!!

このすばらしいパーティを準備してくれた、
シェフをはじめとする皆様、ほんとにありがとうございました!




さて、夜。
観劇チームは劇場に向かいます。私たちが上演した、ヴィブジェジェ劇場へ。
今日の演目は、ルーマニア、オデオン座の「ハムレット・マシーン」。

また、この作品の終演後、広場の向かいの観光名所「囚人塔」で
「テンペスト」を題材としたパフォーマンスが行われていました。
ザンビアのチームとポーランドのチームの合作。
アフリカの力強いリズムが鳴り響きます。
(塔の外も大風で、リアルなテンペスト(大嵐))
c0160290_4145613.jpg


この後、ちょっと食事にいったお店で、さきほどの「ハムレット・マシーン」の出演者たちに
ばったり遭遇。
ハムレットさんとは記念撮影をさせてもらいました。
c0160290_4155632.jpg



この夜、ジャパン・ナイトが開催されたクラブで、
ルーマニア・ナイトが開催されているということで、ちょっとのぞきに行ってみました。
まあ、相変わらず狭くて、入りにくいのですが、
ルーマニアチームは、なんというか、もっとアバウトな感じで参加していたみたい。
ちょっとよって帰ったり、ハムレットさんのようにゆっくり食事をしてからこちらへ来たり。
私たちは、どうも生真面目にこぞって参加しすぎたのかもしれないと
思ってみたりもするんですが、
やはり聞いていたもののイメージと実際のギャップはあったわけだし。

いずれにしても、やはりコミュニケーションの行き違いが、あったのだなと思いました。

そういうわけで、ルーマニアの、特に演奏者チームの輪に入り、
(2週間くらいいたので、カタコトルーマニア語をしゃべったりするので)
すっかり盛り上がって、一緒に歌って騒ぎました。
[PR]
# by iede-shacho | 2008-08-05 22:51